大腸がんは生活習慣病が原因|希望はエネルギー

医者

胃がんの種類

早期発見の重要性

女性

胃がんは日本人が患うがんの中でも、非常に多くの方が患うがんの種類です。 以前は日本人のがんによる死者数のワースト1となっていました。現在は肺がんが最も多い死者数を出すがんの種類となっていますが、それでも胃がんにより死亡する患者は非常に多いです。 しかし、近年は医療技術が大幅に進歩しており、早期発見できればほとんどの方が病を克服することができるようになっています。また、がんの進行具合にもよりますが、開腹手術を行わず内視鏡手術で治療することができる場合も多くあり、そのためにはがんの早期発見が必須条件となります。 また、早期発見が出来れば、他の臓器などへの転移を阻止する確率が大幅に上昇します。 胃ガンの早期発見を行うには、まずは何よりも定期的な検診を受けることに限ります。 会社の健康診断でバリウム検査などを受けている方も、それとは別にがん検診などを受けることで、胃がんに限らず様々ながんを初期の段階で発見する確率が上がります。 がん検診は各都道府県にあるがんセンターや、大きな総合病院などで受けられるので、定期的に受けることをお勧めします。

転移の早い胃がん

胃がんには幾つかの種類があり、主にがんの進行度合いによって分けられます。 進行度合いが比較的に軽いものを初期型の胃がんと分類し、進行度合いが重いものを進行型の胃がんとされます。また、転移の有無や転移しているヶ所などによっても分類されます。 胃がんの中で最も危険で最も転移しやすく発見しにくいものに、「スキルス胃がん」という種類があり、患ってしまうと多くの方が亡くなられてしまいます。 スキルス胃がんは通常のものとは違い、胃の表面にあまり目立った疾患が現れずに、胃の表面の内側の細胞などを浸食する特徴があるため、内視鏡検査などで見つけにくいのです。 そのため、発見するのが遅くなってしまい、症状が出てきて詳しい検査を行って発見できた時点では、既に深く進行していて他の臓器などへの転移も見られる状態となることが多いのです。 スキルス胃がんを早期に発見するには、やはり定期的ながん検診を行うことで、早期に発見する確率が非常に高まります。 注意した方がよいのは、胃に不快な症状が現れてから受診したのでは、既に深く進行してしまっていることも多いので、特に症状がなくても定期的に検診を受けた方が良いでしょう。